30代男性 …左下肢の痛み・シビレ ‥ヘルニアの手術を受けたが改善せず。 30代男性 …左下肢の痛み・シビレ ‥ヘルニアの手術を受けたが改善せず。

2017年3月30日(木)

  • 30代 男性 ヘルニア(L5-S1)手術を受けたが、

          左下肢痛・シビレがあり辛い。いびが酷くなっている。

●再手術をすすめられたが、手術をしたくないので、鍼灸・マッサージ・カイロに行ったが一向に改善しなく、知人の紹介で来院されました。

 

検査

■姿勢検査+、重心検査(立位・座位)+、捻じれ検査+、頭の大きさ+、

内臓検査+、ストレス検査+、左側屈+、ラセーグテスト右60度・左35度、

ブラガード検査+、パトリックテスト左+、バビンスキーテスト左+、

体液循環テスト+、TMJ検査+、RPIタイプ

 

施術

◆気導術アプローチによる呼吸調整、重心調整、捻じれ調整、筋肉調整、

、内臓調整、顎関節調整、ストレス遮断。体液循環調整、ストレッチ、ホームケア指導。

 

施術後

★前屈・後屈・側屈・回旋の可動域が改善、

ラセーグテスト35度から70度に改善、パトリックテスト左改善し

痛み・シビレ減少した。

 

蓄積疲労・内臓疲労による頭の拡大による脳の圧迫ストレス、内臓機能低下、内臓体壁反射による筋肉の緊張、ストレスとうによる左下肢の痛み・シビレの症状が出ている可能性が大きいようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください