『感謝とプラス思考で 名医を上手く働かせる方法』 『感謝とプラス思考で 名医を上手く働かせる方法』

『感謝とプラス思考で 名医を上手く働かせる方法』

 

日々の生活で、朝起きたらまず鏡を見て笑顔で『おはよう!』と自分に挨拶をします。 

太陽に向かって『今日も元気で朝を迎えられました。ありがとうございます』と手を合わせ

ましょう。朝ごはんに向かうとき『天地一切の恵みとそれを作られた人々のご苦労に感謝

して、頂きます!』そして、出かける時は、玄関にある鏡に向かって笑顔で、『今日も元気

に、最高の一日が始まります!』といって出かけて下さい。夕方家に帰ってきたら、玄関

の鏡に向かって『今日も元気に楽しく明るく素晴らしい一日でした。ありがとう!』と食卓

に向かった時、『天地一切の恵みとそれを作られた人々のご苦労に感謝して、頂きま

す!』

 

就寝1時間前には部屋の明かりを暗くします。座布団に座り、20分間の瞑想(マインドフ

ルネス)をします。布団に入ったら『今日も一日元気で過ごせました。いろいろな事が起き

ましたが、それらはすべていいことであり、自分にとって必要なことでした。ありがとうござ

います。』と、体全体のパーツを一つ一つ撫ぜながら『今日も一日ありがとう』ていって休

んでください。

眠れないときは、『良かった良かった、すべてありがとう』と繰り返してください。

 

現代社会ではストレスをなくすことはできませんが、ストレスとの付き合い方や物事の受

け止め方を工夫する事は可能です。昔の日本人は精神修養という形で、胆力を練るとい

う修行を行いました。それは「心身一如」という言葉で表されているように、体を鍛えるこ

とで心を常に平静に保つことができるよう努力しました。ストレスに負けない精神力を作

り上げるのは難しくても、感謝の心をもって毎日を臨んでいくことによって、ストレスの閾

値を上げていくことは可能です。日々感謝とプラス思考をルーティン化して潜在意識に刷

り込んでいくことです。ルーティン化する言葉には自分に合ったもので結構ですが、すべ

て前向きのもので、自分を元気づけ、喜びと、感謝というキーワードは外さないことです。

ストレスと上手につきあう方法は「喜・楽」を中心にした精神状態を維持するという方向

にもって行くことができます。

 

 

ぱていお  気導術通信 vol.50

「身体の中にいる100人の名医を働かせて健康になる」

「あなたの 100人の名医を探せ !!」

   シリーズその3  医療ジャーナリスト/中村敬三  より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA